公式ホームページ
クラブ賞 クラブ概要 ニュース エッセー


 日本エッセイスト・クラブは戦後まもない昭和26年6月9日、当時の評論家、エッセイストなどが集まって設立されました。事務局は日本ペンクラブ内に設けられ、名誉会員5名、会員は85名、計90名で発足しました。
  平成28年6月末現在、会員数は316名を数えるにいたっています。


所在地(事務局)
〒105-0004
東京都港区新橋1-18-2
明宏ビル別館6階
会  長 村尾 清一
理事長 遠藤 利男

電話 03(3502)7287
FAX 03(3502)7288
会員になるには
 当クラブはエッセイスト、評論家、ジャーナリストの親睦団体です。 会員になるためには、当クラブ会員(会員名は年4回発行の会報参照)1名以上の推薦が必要です。 推薦をいただきますと、理事会で、著書や新聞・雑誌などでのお仕事を参考に、クラブの趣旨に則して審査します。その結果、ご辞退いただく場合もあります。詳しくは上記事務局までお問い合わせください。
当クラブは昭和26年設立、65年の歴史があるエッセイスト親睦団体です。昭和27年に設けた日本エッセイスト・クラブ賞は、わが国で最も権威ある文学賞の一つとして毎年話題になっています。

第64回日本エッセイスト・クラブ賞決まる!

 日本エッセイスト・クラブは、本年「第63回日本エッセイスト・クラブ賞」として、167作の推薦・応募作品の中から、6月2日の最終審査委員会で下記の作品3点を受賞作に決定しました。
 
 

日本エッセイスト・クラブ賞
第64回

平成28年受賞作品



阿部 菜穂子氏著
   『チェリー・イングラム 日本の桜を救ったイギリス人』
岩波書店





温 又柔氏著
『台湾生まれ 日本語育ち』
白水社





原 彬久氏著
     『戦後政治の証言者たち オーラル・ヒストリーを往く』
岩波書店



 
 日本エッセイスト・クラブは、昭和27年『日本エッセイスト・クラブ賞』を制定、毎年新人エッセイストの発掘に努めてまいりました。平成29年(2017年)で65回を数えます。受賞作は原則として毎年2点。受賞作には賞金と賞状が贈られます。 賞金は当クラブ会員の会費でまかなわれています。応募作の締切りは3月中旬。発表は6月上旬(新聞紙上)、贈呈式は6月下旬の予定となっています。
日本エッセイスト・クラブ賞
受賞作品
第1回 1953年

『一日一言』

市川謙一郎
北海タイムス社
    
    『數学の影繪』

     吉田 洋一
       東和社
 『きつつきの路』

 内田  亨
  東和社