クラブ賞 クラブ概要 ニュース エッセー

 トップページ >  日本エッセイスト・クラブ賞




第65回(2017年)

日本エッセイスト・クラブ賞
贈呈式
第65回(2017年)の日本エッセイスト・クラブ賞贈呈式が、6月26日、東京・内幸町の日本プレスセンタービル内、日本記者クラブ会見場で行われ、『文字を作る仕事』の著者、鳥海修(とりのうみ おさむ)氏、『裁判の非情と人情』の著者、原田國男(はらだ くにお)氏に、クラブ賞の賞金と賞状が贈られました。贈呈式には、両氏の関係者、受賞作の出版社、報道関係、クラブ会員ら約70人が出席しました。



「第65回日本エッセイスト・クラブ賞」 後藤多聞審査委員長 


第65回

受賞作品
 
 鳥海 修著
 
 『文字を作る仕事
』 晶文社
 



 鳥海 修(とりのうみ おさむ)氏

1955年山形県生まれ。多摩美術大学卒業。書体設計士。79年株式会社写研入社。89年に有限会社字游工房を鈴木勉、片田啓一の3名で設立。現在、同社代表取締役。大日本スクリーン製造株式会社のヒラギノシリーズ、こぶりなゴシックなどを委託制作。一方で自社ブランドとして游書体ライブラリーの游明朝体、游ゴシック体など、ベーシック書体を中心に100書体以上の書体開発に携わる。2002年に第一回佐藤敬之輔顕彰、ヒラギノシリーズで05年にグッドデザイン賞、08年に東京TDCタイプデザイン賞を受賞。京都精華大学特任教授。




第65回

受賞作品
 原田國男著
 
 『裁判の非情と人情
』 岩波書店


 原田國男(はらだ くにお)氏

1945年鎌倉市生まれ。67年東京大学法学部卒業。博士(法学、慶應義塾大学)。69年に裁判官任官ののち、長年にわたり刑事裁判に携わり、2010年に東京高等裁判所部総括判事を定年退官。現在、慶應義塾大学大学院法務研究科客員教授、弁護士(第一東京弁護士会所属)。著書に『量刑判断の実際(第3版)』(立花書房)、『裁判員裁判と量刑法』(成文堂)、『逆転無罪の事実認定』(勁草書房)ほか。






日本エッセイスト・クラブ賞

 日本エッセイスト・クラブは、昭和27年『日本エッセイスト・クラブ賞』を制定、毎年新人エッセイストの発掘に努めてまいりました。平成30年(2018年)で66回を数え、受賞作には賞金と賞状が贈られます。受賞作は原則として毎年2点。賞金は当クラブ会員の会費でまかなわれているのが特徴です。66回の応募締切りは3月10日、発表は5月末(新聞紙上)、贈呈式は6月下旬の予定となっています。


日本エッセイストクラブ賞制定に就て
 (昭和27年10月発表)

 複雑なる世界情勢の中に、ともかくも独立の歩を踏み出したわが国は、政治、経済、思想その他各般に亘り、多くの問題に直面しつつあり、向後において、さらにこれら諸問題の深刻化が予想されるのであります。公正な世論の喚起という面において、本クラブに負荷せられた使命の愈々重加するを痛感するのでありますが、同時にまた、新鋭なる評論家、エッセイストが一人でも多く出現、自己の正しい自覚において新鮮なる活躍を展開されるよう切望して止まぬものであります。
 依って本クラブは、新人エッセイストを待望、これを激励する意をもって、このたび日本エッセイスト・クラブ賞を制定することに致しました。
 右賞は文藝作品等創作を除く一切の評論、随筆(一定期間内に発表されたもの)等の中より、各関係方面の推薦を受け、本クラブに設けられた詮考委員により慎重に詮考の結果、最優秀と認められたもの一篇にたいし記念品及び賞金を授与するものであります。
    昭和二十七年十月


第66回
(2018年)
(募集要綱)

日本エッセイスト・クラブ賞審査基準(募集要綱)

  1. 平成29年(2017年)4月1日より、平成30年(2018年)3月31日までの間に、初版として出版された書籍とする。
  2. クラブの正会員(個人会員)の作品、及び共同著作は原則として審査の対象としない。ただし、入会の翌年度から5年以内に発表した作品は審査の対象とする。故人となられた方の作品は審査の対象としない。
  3. 著者の国籍は問わないが、日本語で書かれたもの。(翻訳は不可)
  4. 新聞、雑誌等に掲載され、その後出版されたものでもよい。
  5. 他の類似の賞を最近受賞されている方、及びすでに文名を広く知られている方の作品は除く。
  6. 随想、評論、ノンフィクション、伝記、研究、ドキュメント、旅行記など、エッセーを広い範囲でとらえる。特に新鮮で感銘を覚える新人の発掘に努める。

  第66回日本エッセイスト・クラブ賞審査委員会 審査委員長  太田 愛人

       (参考) 日本エッセイスト・クラブ賞の応募は、当クラブの会員推薦または出版社推薦が原則ですが、著者からの直接応募も可能です。応募締切り(30年3月10日)までに、審査のための図書(応募作品)1点につき2部を事務局へご郵送ください。なお応募作品が締切り以後31日までに発行される場合は、事務局にお知らせのうえ発行され次第お送りください。


     問い合わせ クラブ賞の詳細については下記にお問い合わせ下さい。
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-2 明宏ビル別館6階
日本エッセイスト・クラブ事務局
電話 03(3502)7287
FAX 03(3502)7288
copyright (c) Nihon Essayist Club all right reserved